a0276099_01014874.jpg

今日、打合せが明日になりラッキーかなスカパーでの一挙ポールマッカートニー12時間

ぶっ通し特集放送を観ることが出来た。

21時からは昨年の東京ドーム公演のノーカット版が初オンエアされた。

進行がドリカムの中村さんで、ビートルズ好きでビートルズと云えば…的なミュージシャン

をゲストに迎えて楽しい番組となっていた。

僕はと云えばドーム初日と最終日を観た。

関西からの友人達も来て楽しい思い出になった。

今回特に「something」でウクレレからバンド演奏になった瞬間に涙があふれ出した。

ジョージの曲をそれもビートルズの「something」をポールのLIVEでレコードと同じ

アレンジで間奏が始まると、僕の頭では目の前の現実を整理できず感動してしまった。

おかげで12時間春の連休にゆっくり観ることができました。

すごく仕事のアイディアにもなったし、もうひとつの感動は写真にある

アビーロードスタジオでのスタジオLIVEでシーンで、

ポールの右にあるのが60年代のヴィンテージ楽器であるメロトロンで、

例の曲のイントロをメロトロンでポールが弾きました。

まるで神様が「地球はこうして創っただよ」と言ってみせるように…。

1970年代、僕はまだ10代で洋楽、さらにビートルズは夢物語、

ウイングスはオーバーアメリカ時代。

今あの曲を解き明かされて、また頭の中が混乱してしまいます。

たしか1985年に札幌でビートルズのプロデューサーである、

ジョージマーティン氏からその曲をどこで繋いだのかを、

目の前で直接聞きました。

その時も神様と対峙しているようで現実ばなれした不思議な感覚でした。

僕ごときビートルズがなにか未だにわかりません。

しかしポールがこうして活動している時代をリアルタイムで体感でるということは

僕にとって大いなる幸せに間違いありません016.gif


[PR]
by VW1975 | 2014-03-23 01:19 | Comments(0)